【ワクチンパスポート】世界では連日導入反対デモ|怒れ日本人!

IVMを入手したい方は個人輸入にてお願いいたします。
購入可能店舗①:海外ドラッグ
購入可能店舗②:欧州屋
購入可能店舗③:ベストケンコー
購入可能店舗④:くすりエクスプレス
購入可能店舗⑤:ユニドラ
購入可能店舗⑥:オオサカ堂

リチャード・コシミズさんのブログが強制削除されました!
新しいブログはこちら

旧ブログのアーカイブはこちら

接種証明(ワクチンパスポート)があれば、ワクチン打ったことが分かるから安心だ

接種証明(ワクチンパスポート)があれば安心だと、本当にそう思っているのですか?

思っているとしたら、あなたは自由を奪われたことも気づかないままADEを発症し血栓症により命を奪われるでしょう。

ワクチンパスポートを導入するのは、次の目的のためです。

ワクチン接種の実質的強制
(接種による世界人口の90%削減)
基本的人権を制限した管理社会の構築

世界各地ではワクチンパスポートに反対する活動が連日行われています。

目次

世界規模のデモによる抗議

世界各地で、ワクチンパスポートに反対するデモが連日行われています。

しかも、デモの多くはいわゆる先進国で自然発生的に行われ、規模は拡大する一方です。

※各映像はすべて別の日に行われたデモになります。

※音量にご注意ください。

フランス

その1

その2(パリ)

その3(※音量を下げてください)

イスラエル

その1

その2(※音量を下げてください)

イタリア

その1

その2(トリノ)

※音量を下げてください

その3(ローマ)

抗議のダンスをしています。

※音量を下げてください

その4(ミラノ)

オーストラリア

南半球でもデモは行われています。

その1(ブリスベン)

※サイレント・デモ(声を出さないデモ)です。

カナダ

その1(バンクーバー)

その2(モントリオール)

※音量を下げてください

アメリカ

その1(ニューヨーク)

パスポートは接種強制のため

3回目接種「ブースターショット」を開始したイスラエル。

ブースターショットによりADEを発症し感染者が激増したイスラエル。

イスラエルの保健省担当者が、ワクチンパスポートの目的を思わずばらしてしまいました。

会話自体はヘブライ語で、雑音も多く聞き取りにくいかもしれません。

保健省担当者(右・白いシャツの男性)が内務大臣(左・女性)に対したことを英語で表すと

「there is no medical or epidemiological justification for the Covid passport, it is only intended to pressure the unvaccinated to vaccinate.」

となります。翻訳すると

ワクチンパスポートには医学的または疫学的な正当性はなく、予防接種を受けていない人に予防接種をするよう圧力をかけることだけを目的としている

DS裏社会の中心的存在であるイスラエル政府高官が、ワクチンパスポートの目的を

「接種強制」

とハッキリ述べています。

イベルメクチンの普及がカギ

世界では連日デモが行われていますが、日本でもデモをやれというわけではありません。

日本で行われるデモには、DS裏社会の工作員が入り込み趣旨を歪めてしまうからです。

日本人の国民性にも合いません。

仮に何十万人というデモが敢行されても、マスメディアは決して報道しないので大多数の情報弱者である国民の目に触れることはありません。

マスメディアによる情報統制の事実

先進国で導入されている、あるいは導入が検討されているワクチンパスポート。

DS裏社会の中心的存在であるイスラエル政府高官の発言から分かるとおり、ワクチンパスポートは

接種強制(による人口削減)の目的

であることはハッキリしました。

コロナ禍を可能な限り早く収束させる

ワクチン接種を頓挫させる

ワクチンパスポートの導入を阻止する

そのための「一番の近道」は何か。

コロナ感染者やワクチン被害者を「0(ゼロ)」に近づけること

そのためにはイベルメクチンを草の根で広めるしかありません。

イベルメクチンを個人輸入しましょう。

イベルメクチンで予防・治療して、コロナ感染者やワクチン被害者を「0」に近づけましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる